コーチングスキルとは?

コーチングは、相手の力を最大限に引き出すことを目的とします。

それは、コミュニケーションを重ねることを通じて、相手に、目標達成に必要なスキルや知識を備えさせ、目標に向けての行動を促していくプロセスです。

会話を広げ、会話を促進する、そして、会話の質と量によって相手の自発的な行動を促すためのコミュニケーション・スキルということもできます。

それでは、コーチングの隣接領域をみていきましょう。


カウンセリング

カウンセリングは、自己理解・自己洞察を深め、人生で直面した問題に対する答えを自ら選択し、自己決定していくプロセスを支援します。その結果、相手は自立することができるようになります。

コーチングが目標としている部分と大きく重なりますが、その一番の違いは相手の状態でしょう。

コーチングは、コミュニケーションを受け入れてくれることが前提です。しかし、カウンセリングの場合は、まずはそこから始めなければなりません。大きな問題を抱え、悩み苦しみ、否定的なマイナスの感情に支配されてしまっている場合もあるでしょう。

コーチングでは、パターン化された言葉を投げかけるテクニックがありますが、カウンセリングは常に相手と前例の無い1対1のコミュニケーションを必要とします。
カウンセリングは、専門性の高い職業ということができるでしょう。


人生相談

コーチングでは自らが選択し決定することを重視しますが、人生相談では過去の経験に基づく一方的なアドバイスに終始しやすい部分があると思います。


教育

コーチングでは教えるのではなく自ら学ぶ行動を促しますが、教育では知識やスキルの伝達に重点が置かれます。


コンサルティング

コーチングではどうすればそれが達成できるかに焦点を当てて相手の行動を促しますが、コンサルティングでは問題の解決に焦点を当てて相手の環境を変化させようとします。

例えば、コーチングでは、相手がどう行動すればいいかを考えます。しかし、コンサルティングでは、問題を解決するために相手と関係する人物(例えば部下)を変えてしまう事で問題を解決することもあるのです。


このようにコーチングは、専門的な職業ではなく、コミュニケーションスキルの一つと捉えることもできるとおもいます。

このコーチングスキルを体得することで、コミュニケーションを円滑に進められるようになるとしたら、キャリア構築において是非とも手に入れておきたいスキルの一つですね!



おすすめの本 → 伊藤守さんの本一覧

伊藤 守¥ 2,100
Amazonで詳細を見る by AmaGrea


このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

« コーチングとの出会い | ホーム | ”行動”を重視するコーチング »

ライフプランTips

キャリアプランニングTips

コーチングTips

傾聴Tips

このページの先頭へ