質問する(クリエイティブ・クエスチョン)

質問することも、コーチングをする上で大切なスキルです。
質問に対して、相手が自分の事として考えることで、自主性が育まれるからです。

例えば、学生に対する就職支援のコーチングをしているときに、学生と話をしていると、「勉強しようと思っているのだけど」。「就職活動をしなければならないのは分かっているのだけれど。」といった答えが返ってくることがあります。

これは、頭で分かっていることと、行動できるということが違うことから発生しています。前にも述べましたが、コーチングで必要なのは、何をすべきかではなく、どうしたらそれができるか、です。

「どういうふうに勉強する予定?」
「どうしたら資格試験に合格するだろうか?」
「書類選考が通らなかったのは、何が足りなかったのだろう?」
「面接に行って、何か気が付いたことはなかった?」

このような「HOW?」や「WHAT?」を使ったオープンクエスチョン(5W1Hを用いて、様々な答えを導き出す方法)は、学生自身で問題を考え、アイデアを発展させることに役立ちます。試験勉強のやり方を工夫する学生や、書類の書き方や模擬面接を熱心に研究する学生の、行動のきっかけになるのです。

コーチングで一番大切なことは、相手の「自発性を引き出すこと」です。
そして、相手の内側にある、その人自身も気が付いていないかもしれない可能性を、コーチとの双方向のコミュニケーションを通じて引き出すことです。

従って、それを引き出すためにどんな問いかけをするのか、つまり、いかに効果的な質問を作り出すかが重要となるのです。

コーチングで質問をする目的を、以下に列挙します。
 ・視点を変える
 ・未来を予測する
 ・リソースを探す
 ・モデルを探す
 ・問題をはっきりさせる
 ・物事を具体的にする
 ・ビジュアル化する
 ・気づきやひらめきを促す
 ・目標を設定する
 ・問題を特定する
 ・考えを喚起する
 ・アイデアを発展させる
 ・知識やスキルを棚卸する

的確で刺激的、創造的な質問は、相手をを創造的にし、行動的にできます。
効果的な質問をするために、以下のことに気をつけましょう。

 �@ 相手に質問をする前に、コーチ自身がまず考えましょう
 �A オープンクエスチョンを使いましょう
   (クローズドクエスチョンでYes/Noの脅迫をしないこと)
 �B 正確な表現を使い、シンプルで的を得た質問をしましょう
 �C 時には図を描いてみたり、ビジュアルを活用しましょう
 �D 質問は、一回に一つという、コーチングの原則に従いましょう


おすすめの本 → 伊藤守さんの本一覧

伊藤 守¥ 2,100
Amazonで詳細を見る by AmaGrea


このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

« 聞き分ける | ホーム | アクナレッジメント(受け入れる) »

ライフプランTips

キャリアプランニングTips

コーチングTips

傾聴Tips

このページの先頭へ