”聞く”(傾聴する)

聞くことは、コーチングの最も基本的なスキルです。

特に相手の要求を聞くことは、相手が何をしてほしいと思っているのか、何をしてほしくないと思っているのかを、聞いて理解するということです。

「要求を聞く」ことのほかに、「提案を聞く」、「質問を聞く」、という三つの事は、聞くべきことの基本といえるでしょう。

聞く事で会話を広げ、会話を促進する。新しい気付きを与え、複数の側面からの視点をもたらし、広い視野を持ち込む。そして、相手のリソース(夢や目標)を引き出し、考えさせる。

コーチは聞き手にまわり、相手からの要求や提案、質問に耳を傾けます。
聞いてもらえた事で、相手は受け入れられ、お互いの信頼関係を築いてゆくことができるようになるのです。この信頼関係こそが、後々、相手のリソースを引き出し、自己決定を促進させ、具体的な行動を起こす礎となるのです。

相手の話を聞くために、特に次のことに注意する必要があります。
 ・話しやすい環境を作る
 ・効果的な質問をする
 ・確認する

逆に、話しづらい環境として、次のようなことに注意しましょう。
 ・攻撃的な態度
 ・偉そうな態度
 ・心を通わせない様子

「傾聴」のためのポイントを、次にまとめます。
  �@ 時間を取ること
  �A 相手を尊重すること
  �B 話しやすい環境を作ること
  �C さえぎらずに最後まで聞くこと
  �D 判断しないこと
  �E 自分が理解しているかどうか、時々確認すること
  �F 客観的になること
  �G 肯定的なメッセージを出すこと。特に、ボディランゲージに注意すること
  �H 沈黙を大切にすること
  �I コミットメント(合意形成)すること

おすすめの本 → 伊藤守さんの本一覧

伊藤 守¥ 2,100
Amazonで詳細を見る by AmaGrea


このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

« ”リクエスト”(要求する) | ホーム | 聞き分ける »

ライフプランTips

キャリアプランニングTips

コーチングTips

傾聴Tips

このページの先頭へ