沈黙が織り成す深い深いコミュニケーション

ある晴れた日、自由が丘のベンチに織りの着物をきちんと着こなした上品なおばあちゃんが座っていました。びっくりするくらいカッコイイんです。おもわず見とれてしまいました。

同じような感覚を、3年半くらいまえにあったことを思い出しました。
それは、神戸へ向かう電車の中でのこと。就職活動中だった私は、そんなに混んでいない昼間の電車にのんびりとすわっていました。
そこへ、着物を”しゃん”と着込ましたおばあさんが乗ってきて、となりの席に座りました。そのときに私は、ほんの一センチか二センチくらい、横にずれて席を空けてあげたのです。どうってことのない、ふつうの、何気ない動作でした。
しかしそのおばあちゃんは、私に対して「ありがとうございます」と丁寧にお礼をいてくれました。私はすこしドギマギしながら、「いえ、どういたしまして。」となんとか答えを返しました。
それから15分くらいでしょうか。おばあさんがある駅で降りるまで、最初はとなりが気になって気になって仕方が無かったのですが、話しかける勇気もありません。おばあちゃんは、みじろぎ一つせず、背中をしゃんと伸ばして座っています。うーん、かっこいい。暫くの間、ただ深い深い沈黙の時間がゆっくりと流れていきました。
そして、おばあちゃんは、降りるために席を立ったときに、もう一度「ありがとうございます」と言ってきたのです。またもやドギマギしてしまった私は、ふりしぼったような声で「いいえ。どういたしまして・・・」と小さな声で答えました。我ながら、かっこ悪いなぁ。。。
でもその日は、一日中気分の良いすがすがしい日でした。
交わした会話は「ありがとう」と「どういたしまして」の二回だけ。でも、沈黙の時間の中に共有したものがあった気がして、ちょっとハッピーだったのです。

そういえば最近は、ほんとうにカッコイイひとが少なくなりましたね。
素敵に年をとりたいものです。


おすすめの本 → 鷲田清一さんの本一覧

鷲田 清一
Amazonで詳細を見る by AmaGrea


このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

« ふれあいのむずかしさ | ホーム | うん、愛してるから »

ライフプランTips

キャリアプランニングTips

コーチングTips

傾聴Tips

このページの先頭へ