2011年3月アーカイブ

まとめローン

まとめローンとは、借り換えの手段の1つです。複数の金融業者からお金を借りている場合、それぞれの業者からの金利も含めると、月々の支払いは非常に大きくなります。そこで、借金を一本化し、金利を減らすことで、月々の支払いを軽くしようということをターゲットにした商品なのです。

まとめローンには、以下のようなメリットがあります。
・低金利に借換えることで、支払総額を減らすことができる。
・各金融業者に対し、それぞれ支払っている手数料の重複支払をなくすことができる。
・返済管理が簡素化、一本化され、返済計画が明確になる。
・返済に対し、精神的余裕ができる。

まとめローンは、小口で複数のローンがある人だけでなく、大口で数社しか借り入れのない人にも、金利を下げるという意味でお勧めです。あくまでも不要な支払いを抑えるという点にありますので、まとめたからといって必ず返済できるわけではありません。確実に完済するという目的・信念を持って、返済を行っていきましょう。

タグ

, , , , ,

2011年3月31日

喜泉堂 (18:03)

カテゴリ:金融

ローン

ローンとは、融資とも言い、銀行などの金融機関が、利息・金利を得る目的で、会社、個人などの資金需要者に金銭を貸し出すことを指します。ローン返済の方法には、以下のような方式があります。

・元利定額返済方式 
 各返済日において、一回の返済額が毎回同額の返済方式です。毎回同じ金額を返済し、ローン残高が多い返済初期は、返済金額の内訳における利息分が多くなり、元本返済分が少なくなります。この返済方式は、各返済日におけるキャッシュフローが一定であるため、債務者が認識する返済金額が判りやすいという利点があります。

・元金定額返済方式 
各返済日において、一回の元本の返済額が毎回同額の返済方式です。毎回同じ金額の元金に、利息を加えた金額を返済します。ローン残高が多い返済初期は、当然利息金額も多くなるために一回あたりの返済金額が上昇します。この返済方式は、各返済日における元本の支払いが一定であるため、債務者にとってローンの残高、毎回の利息の支払額を認識しやすく、最終返済がいつであるのかが判りやすいという利点があります。

・元本一括返済方式
元本の返済を借入期間の満期日に一括して支払う方式です。通常、利息の支払いは一定期間毎に行います。

・残高スライド方式
元利定額返済方式と同じく、一回の返済額が毎回同額の返済方式ですが、元本の残高によって一回の返済額が変動する方式となっています。

タグ

住宅ローン

住宅ローンとは、住宅を購入・修理する際に使用するローンのことです。
住宅の購入は、一生のうちで何度もすることのない、非常に大きな買い物です。ですから、問題になるのは、その融資額ということ考えられます。ローンは、金利によって運営されているものですから、住宅ローンももれなく金利が尽きます。融資額と金利というのは、非常に密接している問題と言えます。融資額が大きければ、支払うことになる金利も大きくなることは言うまでもありません。

また、住宅ローンを扱う業者には、公的な住宅金融公庫や、銀行などの民間の業者が扱うものが挙げられます。銀行などの住宅ローンは、フェアなどで期間限定のサービスを行っていますが、ほとんどが金利によるものです。住宅購入の金額にまで多額になった場合、もはや微細なサービスでは差別化を図ることができません。ですから、金利がメインになるということが言えます。

高額所得者でない限りは、住宅ローンは一生かけて支払っていくものです。快適な家を探す・建てることも重要ですが、ながく付き合っていくことになる住宅ローン業者・銀行を探すことも、家のためには必要な要素だと言えることでしょう。

タグ

, ,

2011年3月29日

喜泉堂 (18:02)

カテゴリ:金融

ローン情報

ローン情報は、これまで簡単に入手できないと考えられていました。例えば、住宅ローンなどは、建設会社の指定するものが全てだったり、選択肢がないように思われていたのです。しかし、大きな買い物である住宅ローンの場合、金利の支払いも大きなものとなります。そうした「負担を軽減する」ために、ローン情報は重要になってくるのです。住宅ローンの場合、金利を少しでも減らし、負担を軽減するために、借り換えが一般的になってきます。

こうした情報を一般的に入手できるようにしたのが、やはりインターネットであると言えるでしょう。この10~15年で、インターネット・パソコン・携帯電話の性能は加速的に向上し、競合による低価格化が進んだことにより、爆発的に普及しました。10年前に、携帯電話が当時のパソコンを遙かに上回る性能を持つようになることなど、消費者の誰もが予想しなかったことでしょう。

ですが、このような情報にもデメリットはあります。情報が氾濫することによって、情報に傾倒するという可能性です。膨大に提供される情報に惑わされず、自分の判断で決定するということは、非常にエネルギーを使います。情報提供者は、あくまでも情報を提供するだけであり、情報の内容には責任を持ってくれないことがほとんどです。後で後悔しないためにも、ローン情報は参考にとどめ、目的を明確にして判断することが重要です。

タグ

, , ,

2011年3月28日

喜泉堂 (18:02)

カテゴリ:金融

信販系キャッシング


信販系キャッシングは、クレジット会社が運営しているキャッシングのことです。消費者金融というと不安がある人でも、クレジットカードの企業が運営しているキャッシング、と考えると利用しやすいでしょう。信販系キャッシングは、初めてキャッシングを利用する人でも、初めての利用時から大口融資を行ってくれる傾向が人気の秘密です。

信販系キャッシングは、クレジットカードが兼ね備えられているという特徴があるので、買い物をするときはクレジットカードのショッピング枠を利用、どうしても現金が必要な場合はカードローン(キャッシング)といった使い分けができます。
ショッピング枠は、基本的にほとんどの会社が無利息です。また、ショッピングに使うとポイントがたまったり、旅行保険などさまざまな付加サービスが受けられます。また、キャッシングも低金利で利用できるので、お財布代わりに利用することもできます。毎日の生活で役に立つカードでカードローンまでついてくるというのは、大変便利です。1枚は持っておきたいのが信販系キャッシングカードです。

タグ

銀行系キャッシング

銀行系キャッシングとは、銀行自体や銀行の経営するグループ会社が行っている、キャッシングサービスのことを指します。最近では、銀行であることのメリットを全面に紹介したCMなどで、有名になってきました。

銀行系キャッシングで挙げられるメリットは、以下の3点です。
・高額融資枠:自由な用途で、数百万円までの限度額が設定できます。
・低金利:返済の負担が低くなる低金利の設定です。20%を切る、15~18%程度の金利が主流となっているようです。
・安心:銀行系ということで、非常にクリーンなイメージもあり、消費者金融にあるネガティブな印象がありません。

このようなメリットがありますが、デメリットには審査が比較的厳しいことが挙げられます。
基本的に銀行の融資と同じような審査基準ですから、厳しいのは当然かもしれません。
ただ、厳しいと言っても、安定した一定の収入があれば、ブラックリストなどでさえなければ問題なく審査は通るはずです。

タグ

, , , , ,

2011年3月26日

喜泉堂 (18:01)

カテゴリ:金融

キャッシング比較申込


キャッシングの比較と申し込みは、今や多くのウェブサイトで紹介されています。こうしたウェブサイトでお勧めしているキャッシングは、業者がスポンサーになっているケースもあり、サイトによって推奨するキャッシングはまちまちとなっています。
また、業者を比較して、次に別のブラウザで業者のホームページを検索するというのは、とても非効率です。リンクで飛べるようになっているのがほとんどですが、このアクセスカウントによって利を得ている比較申し込みサイトも存在します。

そもそも比較申し込みサイト自体が膨大に存在する中、どのサイトを使えばいいのかが迷ってしまうことでしょう。そうした場合は、雑誌で紹介されていたり、ページビュー(カウンタ)の多いサイトがお勧めです。一般的に、ページビューが多いと言うことは、それだけ多くの人に閲覧されているということになります。また、雑誌で紹介されているということは、それだけ実績のある、便利なキャッシングサービスを紹介しているという根拠にもつながります。

最終的には、これらの情報から自分で判断せねばなりませんが、その一助になるように、適切な比較申し込みサイトを使うようにしたいものです。

タグ

, , ,

2011年3月25日

喜泉堂 (18:00)

カテゴリ:金融

キャッシング審査


キャッシングの審査基準に、会社規模・年収がありますが、どちらも大きい(多い)方が望ましいことは審査に通りやすいことは、言うまでもありません。キャッシング会社が個人情報を照会した時、会社規模と年収はデータが出て来ないのです。

また、審査に通りやすいと言われる曜日は、水・木曜日です。時間は午前11時前後(暇な時間帯)。日にちは月末近く、あるいは月が明けて8日頃です。この理由は、月末近くになるとキャッシング会社、消費者金融は融資残高成績を上げるため、審査は甘くなります。8日頃というのは、月末や5日が返済日が多い為(貸した金が返されて融資残高が減った為)、審査は甘くなります。

最近は、特に自営業者、法人格でも経営者は極端に嫌われる傾向にあります。
銀行系を含め、消費者金融やキャッシング会社の中では、自営業者、経営者はそれだけでも審査もしてくれない、審査対象外になるケースもあります。この場合、一度だけでも会社員、それも役員で申告するという方法もあります。経営者と、会社役員の評価には、雲泥の差があるからです。ビジネスローン以外は、決算書の提出はありません。おまとめローンでも、職業が経営者だと決算書の提出は必ず求められます。事業内容が赤字で、債務超過などであれば間違いなく審査は通らないのです。

タグ

, , , , , , , , ,

2011年3月24日

喜泉堂 (18:00)

カテゴリ:金融

無利息キャッシング

無利息キャッシングとは、キャッシングサービスのひとつです。通常は期間限定(30日、15日、7日など)ですが、その一定期間内に借りたお金を返済すると、通常は支払わなくてはならない利息が0円(無利息)になるというサービスです。

このサービスは最近一般的になってきたもので、まだサービスを行っている業者は限られています。それを上手く使うことで、急場のピンチをしのぐことができるでしょう。

例えば、7日間無利息のキャッシングの場合、給料日まであと1週間というような時に便利です。急な出費があるとき、キャッシングサイトで5万円借りた場合、7日後の給料日までに返せば無利息ということになるのです。しかも、完済日翌日以降の借入も、1週間無利息が適用になるのです。
注意点は、詳細について各キャッシング会社により差があるということです。必ず事前に良く確かめてから、キャッシングしましょう。


以下は、利息のつかないキャッシングの一例です。
30日間無利息:三和ファイナンス、キャッシングのラビット 
15日間無利息:クレディア 
10日間無利息:ユーレディース、しんわ、学生ローンオシャレ 
7日間無利息:ノーローン、ゼロプラン「OMCカード」

タグ

, , , , , , , ,

2011年3月23日

喜泉堂 (01:59)

カテゴリ:金融

キャッシング申込

キャッシング申し込みには、いくつかのパターンがあります。実際に融資までの流れを紹介します。
A)店頭申込み
 1.身分証明書、印鑑を持参して、実際に店頭へ向かいます。
 2.店頭で担当者の説明を受け、キャッシングの申込み手続きを行います。
 3.その場で、キャッシング可・不の審査が行われますので、待機します。
 4.審査に通過すれば、融資・カード発行となります。

B)無人契約機申込み
 1.身分証明書を持参して、無人契約機のある店舗へ向かいます。
 2.無人契約機の説明に従い、キャッシングの申込み手続きを行います。
 3.その場で、審査機がキャッシング可・不の審査を行います。
 4.審査に通過すれば、その場で融資・カード発行となります。

C)インターネット・電話申込み
 1.専用フォームを使って申込み手続きを行います。
 2.審査が行われます。この場合、本人確認の電話及びメールがあります。
 3.契約書が送付されてくるので、必要事項を記入し返送します。
 4.数日で、契約書の控えとカードが送られてきます。


タグ

即日キャッシング

即日キャッシングとは、キャッシングサービスのひとつで、審査通過後、申し込んだその日のうちに振り込みされるものです。多くのキャッシングサービスが登場する中、少しでも差別化を図るために開発された商品です。
どうしてもその日のうちにお金を必要とする、と言うことは決して珍しいことではありません。そうした状況に際して、対応を可能としたものが即日キャッシングというわけです。

気をつけて欲しいのは、通常のキャッシングよりも、融資限度などの項目において制限がある可能性です。さらに、通常のキャッシングと同じで、返済しなければならないのは同じです。即日、というメリットを受けることができる代わりに、相応のデメリットがあるかもしれない、という点には注意しなくてはなりません。

いずれにせよ、サービスの一環ですから、上手く使うことで、困った状況を解決できることは間違いありません。ですが、そのデメリットや条件を理解した上で利用しなくては、一時しのぎになってしまいます。あくまでも通常の返済と同様、返済の当てがある場合にのみ使うのが、最も賢い使い方ではないでしょうか。

タグ

, ,

2011年3月21日

喜泉堂 (10:38)

カテゴリ:金融

キャッシングローンの申込

キャッシングローンの申し込みは、今や無人化・機械化が進み、誰とも顔をあわせず、簡単に現金を手にすることができるようになりました。その様相は、さながらお金を簡単に手に入れることができる機械と錯覚してしまいそうなほどです。
この錯覚が、今や社会問題になっています。

申し込みの基準は、定職についているということから、仕事についていない主婦や学生にまで下がっています。定期的な収入がない人間でも、申し込み・借り入れ・返済ができると想定されているのです。ここで問題は、返済の部分です。定期的な収入なしに、月々の返済を行うことは、普通に考えて不可能です。しかし、それでも借り入れができるということは、申込者のバックに存在している、二次返済者とでも言うような存在(夫、親)が返済することまで加味して、貸し出しがされているからに他なりません。

しかし、多くの場合、この二次返済者は借り入れの事実を知らされることはありません。二次返済者がこの事実を知るのは、返済が滞ったり破綻したときだけでしょう。これこそが、錯覚の引き起こす問題なのです。
こうした状況を防ぐべく、最近では少しずつ啓蒙がされるようになりましたが、まだまだ効果が出ているとは考えられません。抜本的な変更がされない限り、これを改善することは不可能ではないでしょうか。

タグ

, , , , ,

2011年3月20日

喜泉堂 (16:58)

カテゴリ:金融

キャッシング 比較

キャッシングの比較は、雑誌などでもよく取り上げられていますが、インターネットの普及に伴い、さらに便利になりました。比較を行ったウェブサイトが、いくつも登場しています。
比較の対象となるのは、審査の厳しさや、借入限度額、利息などが主なポイントです。今や、キャッシングサービスは多岐に渡る総合サービスの分野です。ただお金を貸すというキャッシングの時代は終わりを迎えています。キャッシング企業が、しのぎを削って利用しやすいサービスを取りそろえ、差別化を図っています。

そうしたサービスを比較し、目的に合ったキャッシングサービスを選択するには、このような比較サイトを利用するのが一番です。しかし、最終的には、実際にそのサービスを扱う業者に質問を行い、内容を確認することを忘れないようにしたいものです。ウェブサイトで紹介している内容は、その時点の最新の内容ではない可能性がありますので、これらを鵜呑みにすることは危険があります。
キャッシングの責任は、最終的には自分にかかってきます。誰も選択の責任はとってくれませんから、納得のいくキャッシングサービスを選択するようにしましょう。

タグ

, , , ,

2011年3月19日

喜泉堂 (16:04)

カテゴリ:金融

キャッシング

キャッシングは、インターネットの普及に伴い、非常に手軽な存在になりました。店舗に足を運ぶ暇がない、無人でもなかなか足が向かない...という人たちのために、インターネットで審査などを迅速に行うことができるようになっているのです。
しかし、これが多重債務者や自己破産者の増加に、拍車をかけるようになったことは、あまり問題視されていません。

キャッシングは必ず返済を行わなくてはならないものですが、その目的に厳しい制限がありませんので、返済ということを忘れがちになります。CMなどでの啓蒙も始まりましたが、計画的な利用が求められるということは、「返す当てがあるキャッシング」を行わなくてはなりません。しかし、貸し出しの制限は、これまで厳しくなっているという話はあまり聞いたことはありません。

今や、キャッシングには様々なサービスが登場しており、上手く使うことで生活を豊かにすることはできます。しかし、返済という言葉を忘れたキャッシングは、生活を貧しくすることは疑いようのない事実と言えます。

タグ

, , ,

2011年3月18日

喜泉堂 (23:18)

カテゴリ:金融

ライフプランTips

キャリアプランニングTips

コーチングTips

傾聴Tips

このページの先頭へ