確定拠出年金の受け取り方

確定拠出年金を受け取る方法は、大別すると2つしかありません。
以下にそのケースを解説していきます。

1)老齢給付金 ~ 60歳以降、一定年齢に達した場合
確定拠出年金で運用した資産は退職後の生活資金確保が目的ですので、死亡した場合など一定の例外を除いて、通常は60歳以降にならないと受け取ることができません。
老齢給付金は決められた加入年数条件の下で60歳に到達することによって確定拠出年金制度から受け取れる給付金です。原則、60歳から受給が可能で、遅くとも70歳までに受給を開始しなければなりません。また、加入期間によっては、段階的に受給開始年齢が引き上げられる仕組みになっています。
このように老齢給付金は、確定拠出年金の加入期間によって開始時期が異なります。確定拠出年金開始時に50歳以上の方は、60歳までの加入期間が10年ありませんので、60歳より後にならないと給付を受けることができません。確定拠出年金の老齢給付金の受け取り方法は受け取る時点で次の方法から選択します。

・一時金:年金資産を一括して受け取る方法です 
・分割払い年金(5年~20年(1年刻み)):積立金の運用を継続しながら、一定期間分割して受け取る方法です。年金受取額の合計は運用成果に応じて変動します。 
・確定年金(5年、10年、15年、20年):予め定められた期間、年金を受け取る方法です。原則、受け取り金額に変更はありません。 
・保証期間付き終身年金:生きている限り年金を受け取る方法です。原則、受け取り金額に変更はありません。 


2)例外的な受け取りについて
確定拠出年金は老齢給付以外には次のような場合に受け取りが可能です。
・障害給付金(障害を負った場合):政令で定める程度の障害の状態になったときに受け取りを請求することができます。
・死亡一時金(死亡した場合):死亡一時金は、加入者が死亡したときに、その遺族に至急されます。 
・脱退一時金(資産が小額な場合など):離職、転職後に専業主婦になるなどの場合には、掛け金の拠出期間が3年以下または資産が50万円以下であれば、離職、転職時に、一時金としての受け取りを請求することができます。また、資産が1.5万円以下の場合も受けとりを請求できます。


このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

タグ

« 中国株での資産運用 | ホーム | 投資信託の仕組み »

ライフプランTips

キャリアプランニングTips

コーチングTips

傾聴Tips

このページの先頭へ