2011年4月アーカイブ

求人サイトランキング

インターネットの普及によって、どの求人サイトが便利か、どの求人サイトが求める職種の分野に強いか、などの情報を簡単に集めることができるようになりました。中には、人気のある求人サイトのランキングを掲載するサイトもあるくらいです。

しかし、そのランキングの全てを信用するのは間違いです。サイトランキングは、あくまでも多くの人が利用しているという結果でしかありません。ランキングの上位にあることは、必ずしもあなたの求人情報の調査・選定に役立つことの保障ではないことに注意して下さい。

確かに、ランキング上位の求人サイトは、誰にでも便利なように整備され、本当に使いやすいものになっています。ですが、あなたが求める情報がそこになければ、何の意味もありません。必要なことは、サイトが便利かということではなく、最終的には必要な求人が掲載されているかという点なのです。

ただし、求人情報の調査を始める入り口としては、ランキング上位にあるサイトは非常に有益です。求人情報の調査ガイドなど、実際の求人情報以外のテクニックなども数多く掲載されています。ですから、「このポータルサイトを、自分が必要とする情報を探す、最初の足がかりにするのだ」というつもりで、求人サイトランキングと上位サイトを活用していって下さい。

タグ

人気の医療事務、薬剤師求人

現在、求人で注目を集めているのが、医療事務・薬剤師の求人です。いずれも資格の仕事でありながら、看護士や医師のような過酷なイメージがない点で、近年の若い人たちの人気を集めていると言えます。看護士や医師は、勤務時間で間違いなく当直などの不規則勤務が発生します。しかし、医療事務や薬剤師の求人は、9時~5時の勤務条件が多く、まずこの時点で若者の人気は傾くと予想できます。

また、業務内容について、「人の命を扱う責任の重さは医師や看護士の方が強い」という誤ったイメージが一部に根付いていることも挙げられます(実際はどの職業も同じ重さを持っている筈です)。結果として「資格は欲しいけど、医師や看護士ほど責任は持ちたくない」と考える人たちが、医療事務・薬剤師の資格を取り、仕事を求めるようになっているのが、人気を集めている原因のひとつだと考えられます。

ですが、実際は医療事務・薬剤師も過酷な仕事条件、重い責任を背負って仕事をしなくてはならないシチュエーションというのは存在します。人気に釣られて就職したはいいものの、「こんなはずじゃなかった」と現実に打ちのめされるケースは少なくありません。こうした意識の弱さ・甘さが、現在の医療過誤の一因と指摘する声も挙がっているくらいです。

「医療に携わる以上は、必ず人の命に関わる」ということ忘れず、求人情報を集めていきましょう。

タグ

要注意!風俗の求人

風俗の求人というのは、非常に給与やアルバイト代が高く、心が動いてしまう人も多いのではないでしょうか。簡単な接客や応対だけで、日給換算で他の仕事の2~3倍のお金を得ることが出来てしまうのは、大変魅力的な仕事だと言えます。

ですが、問題はその業務内容や待遇などの条件です。

業務内容で問題になっているのが、提示されている内容と異なる、例えば簡単な接客や応対だけで済まないというケースです。最近はこうした悪質な求人は減りましたが、それでもこういった求人は後を絶ちません。結果として雇用者とのトラブルになるのが、良く聞かれるパターンです。ですから、基本的にこうした求人の仕事内容は信用するべきではありません。必ずそれ以外の業務内容が追加されると考えるべきなのです。

次に、待遇です。表向きは好待遇であるにもかかわらず、実は完全歩合制だったり、試用期間の間は徹底的に安い給与であるというケースです。風俗の求人広告では、こうした真実を巧妙に隠蔽することで、とにかく人を集めようとしているのです。ですから、待遇についても、記載通りの支払いがされることは決してないということを肝に銘じておきましょう。

話を総合すると、風俗の求人で信用できるケースは非常に少ないと言えます。ただ、人の関係を重視する商売ですので、信頼できる人づての求人ならば、内容に信頼がおけることはあるかもしれません。それ以外の求人では、まともなものはないと考えるのが賢明でしょう。

タグ

短期アルバイトの求人

短期アルバイトの求人で、多くの人が最も注目するポイントは、やはり時給・日給などの支払い金額についてでしょう。ですが、実際は金額以外にも注意すべきポイントがありますので、それらを紹介してきます。

まず、支払いの時期です。短期アルバイトの給与支払いはいくつかのパターンがあります、日払い・週払い・月末払いなどです。短期アルバイトをする人の中には、即お金を必要とする人もいます。そういう人はとても月末払いまで待っていられないでしょう。ですから、支払い時期は金額以上に注意すべきポイントだと言えます。

次に、給与以外の待遇についてです。交通費・食費の支給があるかないかでは、1日の支払金額に大きく影響する要素だと考えられます。交通費・食費が実費だとすると、1日で1000円は必要になるでしょうから、1000円程度の日給の差は、それらの待遇の差で消えてしまう可能性があると考えられるのです。

最後に、仕事の内容です。いかに短期のアルバイトでも、自分にとって良い経験になるのならば、結果としてそれを優先する方が良かったというケースがあります。経験はお金で買えませんから、チャンスだと思った時は迷わず挑戦することで、良い経験を積むことができ、将来的にプラスになっていくでしょう。

短期アルバイトと言っても馬鹿にできません。少しでも自分にとってバイト代も経験もプラスになるアルバイトを選ぶようにしたいものです。

タグ

看護士や医師の求人

看護士や医師のように、国家資格を持って業務にあたる求人情報には、注意が必要です。医療従事者にとって最も優先されるのは、仕事の環境という答えが大変多く、簡単な求人情報だけではそれを充分に読み取ることができません。結果、ミスマッチングに至ってしまったというケースは、非常に良く聞かれる失敗例です。

この盲点は、国家資格を所有していることを共通認識だと誤解している点です。

国家資格というのは、基本的に同等以上の知識を持ち、同等の試験に合格して初めて得られるものです。しかし、そこにある経験や、技術・知識の扱い方などは、大きく異なります。それが、職場環境のミスマッチングとなって現れるのです。国家資格の有無は、確かに共通認識を持つ上での大きな助けになりますが、資格があるから職場での共通認識の構築に時間をかけないで良い、というのは大きな間違いです。

ですから、あくまでも資格は就職における最低条件として考え、他の職場と同様、人間関係・共通認識の構築にエネルギーを注ぐように、入社する側も、受け入れる側も配慮するべきだと考えられます。

こうした注意点は求人情報には決して書かれることがありませんから、求人情報の段階から気をつけて情報を集めておくべきなのです。

タグ

転職求人情報の徹底研究

転職における求人情報は、あなたの次の人生を左右する大変重要なものです。日雇いや期間限定のアルバイトとは異なる視点での情報分析・企業研究が必要になってくるのです。

まず、求人情報で一般的なものは給与・待遇などですが、なかなか詳細まで知ることはできません。特に給与は、「当社規定により優遇」などの記載だけのケースも多く、具体的にいくら貰えるのかということは、インターネットや雑誌でも調べることはできません。
転職においては、ほとんどの場合「現状維持」が企業の姿勢としてあります。特別なスキルや、前職の給与があまりに低い場合を除いて、前職の給与にできるだけ近い条件を提示してくると考えて良いでしょう。
給与規定で「調整」のような項目を設け、その名の通り基本給以外で調整するという企業も少なからずあります。この調整はグレーゾーンですので、なかなか問い合わせをしても教えてくれることは少ないようです。
逆に、福利厚生・待遇などは、転職のエージェントを通じて調査できるケースもあります。
もうひとつの目安としては、新卒の条件を見るという方法もあります。これは若いうちの転職に限られますが、初任給からある程度待遇を予想できるというケースもありますので、新卒採用の条件があれば、確認してみるのもひとつの手です。

次に、仕事内容ですが、こちらは問い合わせによって容易に解決できます。ただし、電話で採用担当者に問い合わせても、明確な答えが返ってこない時があります。それは、採用担当者があなたの希望する職種に対する理解が薄いという可能性あるからです。この場合の対処法は、メールがお勧めです。メールならば、採用担当者が他の部署に質問を回す余地ができますので、的確な答えが期待できるでしょう。

タグ

, , ,

喜泉堂 (01:34)

カテゴリ:求人関連情報/ニュース

アルバイト求人情報の攻略

アルバイト求人情報は、今やスピードが命です。企業側としても、アルバイトに高い時給を払うことに躊躇しなくなる傾向にあります。企業側が、アルバイトにお金をかけるようになった理由はズバリ「時間」です。時間はお金を払ってでも欲しい物ですが、それは必要なシチュエーションにおいて、必要な働き手を揃えることで解決できるのです。アルバイトの求人情報において、スピードが重要視される理由がここにあります。

インターネットの普及によって、突然、何の前触れもなく、翌日のアルバイト情報が掲載されることは当たり前の時代になりました。そういったケースのアルバイト条件というのは、企業側にとって時間的に制限があるぶん、時給などの点において、大いに優遇される傾向があります。ですから、このようなアルバイトは先着順で競争になる場合が非常に多いのです。

ここでライバル達を出し抜いて、条件のいいアルバイトを勝ち取るには、やはり日頃の情報収集が命と言っても過言ではありません。携帯電話で常に情報をチェックするのは当たり前ですが、そこからさらに出し抜くには、求人企業の傾向を読みとることも必要です。

一般的に、一度でも急募内容の求人を行った企業は、再び同様の募集をする可能性が高くなります。そこで、その企業が急募求人を行うケースを分析し、その条件の頃に(例えば曜日・月末など)チェックを集中して行うのです。必ずヒットするというわけではありませんが、こうした作戦を続けることで、先着順の求人に潜り込む確率を確実に上げることができるでしょう。

タグ

基本のハローワーク求人情報

ハローワークは基本とも言える求人の情報源です。今や、様々な媒体で求人が行われるようになりましたが、ハローワークの利便性は未だ失われていません。

ハローワークの利便性で挙げられるのは、何と言っても地域に密着した情報であるということでしょう。ハローワークには、原則として近隣企業の求人が集まります。ですから、意図的に地域を絞ることなく、そのハローワークに行くだけで周囲の求人情報を選び出すことができるのです。実際、足を運ぶだけで、求人の地域が選定できてしまうのはハローワークしかないのです。

次に、地域に密着していることから、きめ細やかな求人条件が寄せられると言う点が大きなメリットです。ハローワークの求人担当者と企業の求人担当者が打ち合わせを行い、最良のマッチングが実現できるよう、密接な情報交換を行うのです。

最近はインターネットの検索システムを導入し、パソコンから求人情報を調べることができるようになりましたが、ハローワークの最大の利点は「地域性」と「情報密度」にあります。それを意識して活用すれば、希望の求人を探すことができるようになる筈です。

タグ

求人情報の徹底活用法

求人情報を得るには様々な方法があります。ここでは、各種求人情報について、その特徴を紹介していきます。その特徴を正確に掴むことで、その求人情報を活用することができるようになる筈です。

・求人サイト
仕事が忙しく転職活動に時間をとれない人にとって、24時間アクセスできる求人サイトは、最適な方法です。職種や勤務地といった希望条件で検索でき、企業へのエントリーも可能です。募集企業の特徴や欲しい人材像と、自分の希望を照らし合わせて効率よく調査することができるのが特徴です。

・求人紹介会社
企業と人を結ぶ、仲人のような存在が人材紹介会社です。経験豊富なコンサルタントが相談に応じてくれますし、職務経歴書の書き方や面接対策のアドバイスを受けることもできます。一般に公開されていない求人を紹介してもらえることもあり、利用価値は非常に高いと言えます。基本的にサービスは無料で、紹介されても納得いかなければ断ることも可能です。

・転職フェア
1度にいろいろな企業と接触できるのが転職フェアの最大のメリットです。積極的に情報を聞き出すことができるのが特徴です・また、希望部署の社員がブースにいることもあるので、仕事の内容など、生の声を聞くチャンスでもある。転職フェアでは選考は行われないのでリラックスして参加できるが、第一印象は大切ですから注意は必要です。

・新聞
実は、新聞の求人広告は非常に活用できる情報ソースです。特に、U・Iターンを希望している人は、地方紙の求人広告もチェックすることで有益な情報を集めることができる筈です。また、経済面を読めば業界や企業情報も得られるので、就職に有利な知識を得ることが可能です。

・転職情報誌
手軽に情報収集できるのが、転職情報誌の魅力です。業界、職種、地域別など項目で分類されているので、希望に合う企業を見つけやすいのが特徴です。同業他社と仕事内容や待遇などを比較しやすいのもメリットと言えるでしょう。

タグ

求人を勝ち取るために!

求人を勝ち取るために必要なことは何でしょうか?

それはまずあなたが就職するに当たって何を最大の目的とするかを決めておくことです。言い換えると、求人情報における項目で優先順位をつけていくということが、求人を勝ち取る上で重要だということなのです。

求人項目には、勤務地、賃金、労働時間、そして仕事の内容と、多様な項目があります。ご存じの通り、あなたの要求全てを満たすような求人というのは、よっぽどの幸運がない限りは巡り会うことはできません。しかし、優先順位をつけていくことで、あなたの要求に近い求人を勝ち取ることは可能です。

求人を探していく中で最も多いのが、この項目を絞ることができず、結局どの求人も獲得できなかったというケースです。「二兎を追うもの、一兎をも得ず」とはよく言った物ですが、これは求人でも当てはまります。優先順位がブレてしまうと、求人を勝ち取る意志もブレてしまうものなのです。

まず、求人情報における項目を可能な限り挙げていき、それに優先順位をつけていきましょう。優先順位は人によって異なりますので、誰にでも当てはまる最良の選択肢というものは存在しません。ですが、少なくとも重要項目として、賃金、労働時間、勤務地、業務内容の先順位は決めておくべきです。どんなに賃金が良くても、勤務地が合わなければ意味がありません。ですから、「妥協できる点とそうでない点」をあらかじめ振り分けておくことが重要なのです。

タグ

ライフプランTips

キャリアプランニングTips

コーチングTips

傾聴Tips

このページの先頭へ