看護士や医師の求人

看護士や医師のように、国家資格を持って業務にあたる求人情報には、注意が必要です。医療従事者にとって最も優先されるのは、仕事の環境という答えが大変多く、簡単な求人情報だけではそれを充分に読み取ることができません。結果、ミスマッチングに至ってしまったというケースは、非常に良く聞かれる失敗例です。

この盲点は、国家資格を所有していることを共通認識だと誤解している点です。

国家資格というのは、基本的に同等以上の知識を持ち、同等の試験に合格して初めて得られるものです。しかし、そこにある経験や、技術・知識の扱い方などは、大きく異なります。それが、職場環境のミスマッチングとなって現れるのです。国家資格の有無は、確かに共通認識を持つ上での大きな助けになりますが、資格があるから職場での共通認識の構築に時間をかけないで良い、というのは大きな間違いです。

ですから、あくまでも資格は就職における最低条件として考え、他の職場と同様、人間関係・共通認識の構築にエネルギーを注ぐように、入社する側も、受け入れる側も配慮するべきだと考えられます。

こうした注意点は求人情報には決して書かれることがありませんから、求人情報の段階から気をつけて情報を集めておくべきなのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

タグ

, , , ,

2011年4月22日

喜泉堂 (01:36)

カテゴリ:求人関連情報/ニュース

« 転職求人情報の徹底研究 | ホーム | 短期アルバイトの求人 »

ライフプランTips

キャリアプランニングTips

コーチングTips

傾聴Tips

このページの先頭へ