鳥がまっていた枝、枝がまっていた鳥

仕事とかキャリアに関してとても好きな言葉があるので、それを紹介したいとおもいます。それは


「鳥がまっていた枝、枝がまっていた鳥」


という言葉です。

鳥は、自分がとまるべき枝をずっとまっていた、一方枝のほうも、その鳥が来るのをずっと待っていたというのです。

これを会社や仕事に置き換えてみると、

「私がまっていた会社、会社がまっていた私」
「私がまっていた仕事、仕事がまっていた私」


となります。

そしてこの言葉は、家族や友達、仲間などにも当てはまりますね。
良い言葉は、短くて、意味が深いものだとつくづく思います。

自分に与えられた縁や環境、会社を大切にし、その仕事の中に価値を見出すこと。そしてそれを心から信じること。

それが幸せなキャリアの第一歩だと思います。



おすすめの本 → 藤尾秀昭さんの本一覧

藤尾 秀昭¥ 700
Amazonで詳細を見る by AmaGrea


このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

« 話を聴く人 | ホーム | 鍛錬するということ »

ライフプランTips

キャリアプランニングTips

コーチングTips

傾聴Tips

このページの先頭へ