キャリアアンカーを知るということ

キャリア・アンカーは、あなたが働くときに最もこだわる、ゆずれないものです。

私のキャリア・アンカーは、診断の結果、「自律・独立」でした。
幸いにも今、そのような働き方ができています。

キャリア・アンカーは、次のように分類されます。


【自律】
組織に属さず、何事も自分の力でやろうとするタイプ

【創造】
自分自身の何か(製品、会社、サービス)を生み出したいタイプ

【技術・職能】
スキルを中心に自分キャリアを作っていくタイプ

【安定】
キャリアの安定に何よりも関心を持つタイプ

【管理】
組織の中で、より管理・統制できる地位への出生に関心を持つタイプ


この、自分のキャリア・アンカーをしっかりと認識していないと、外部から与えられる刺激誘因(例えば、報酬や肩書きなど)の誘惑を受けてしまって、後になって不満を感じるような就職や転職をしてしまうことにもなりかねません。

キャリア・アンカーを見つけ出し、キャリアを選択する際、自分の価値観がその選択とどのように関係しているのか考える必要があります。

今現在どのような仕事についているとしても、仕事に対する志向、動機、価値観、才能についての自覚をより明瞭に理解しておけば、キャリアに関する意思決定がもっと容易になり、より納得のいくものになると思います。

おすすめの本 → 金井壽宏さんの本一覧

金井 壽宏¥ 819
Amazonで詳細を見る by AmaGrea


このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

« 会社に任せきりだったこと | ホーム | デュアルシステム »

ライフプランTips

キャリアプランニングTips

コーチングTips

傾聴Tips

このページの先頭へ