ナレッジワーカーになりましょう

いまやすでに知識社会。P.F.ドラッガーも言っているように、これからは知識労働者が主役の時代です。

従来の社会では、ヒト,モノ,カネが経営資源とされ、そこで働く従業員の仕事を「分業」することで合理的な会社経営がされていました。
そこで求められるスキルは、「エキスパート」。つまり分業されたある一分野の専門家です。

しかし、サービス業が中心の知識社会になると、自己完結型の人材が求められるようになります。第4の経営資源といわれる知識が価値を生む源となり、新しい価値を創造することで会社が発展していくのです。
ナレッジマネジメントでの効率化のポイントは、「学習と協働」。組織はネットワーク型になります。

ナレッジワーカーに必要とされる能力を、今のうちに磨いておきましょう。

 1)情報・知識の活用能力
 2)創造性
 3)企画提案能力
 4)専門性コンピタンス
 5)表現能力
 6)学習能力
 7)創発
 8)問題解決能力
 9)主体的行動

つまり、自律型の人材が求められるというわけなのです。


岩崎 夏海¥ 1,680
Amazonで詳細を見る by AmaGrea


P・F. ドラッカー¥ 2,100
Amazonで詳細を見る by AmaGrea


P・F. ドラッカー¥ 1,890
Amazonで詳細を見る by AmaGrea


このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

« 必要なのは"人脈"と"実績" | ホーム | 才能を伸ばすには »

ライフプランTips

キャリアプランニングTips

コーチングTips

傾聴Tips

このページの先頭へ