スキルの棚卸し

今回はスキルについて考えてみましょう。
あなたの得意な能力、仕事で勝負できる能力はなんですか?

今年一年で新しく見つかった能力はあるでしょうか。
自分のいままでの能力の中で、さらに深まっていったものはありますか。

能力(スキル)は、動機とは違い、子供の頃に固まってしまうようなものではありません。能力には色々なものがあります。そのなかの多くは、これからのキャリアで身につけることが可能です。

人は能力を具体的に発揮するチャンスが一度もなく封印されたままであれば、その能力が表面化することはありません。ポテンシャルで終わってしまいます。

能力開発においては、仕事をする上で必須能力として確保すべき能力と、競争上の優位性の根源として使いたい勝負能力は、区別して考えたほうが良さそうです。

自分が得意であって仕事の成果に直結する勝負能力は、常に磨き上げ、そのレパートリーを増やしていく努力が必要です。

キャリアの幅を広げる能力開発と、キャリアの一定部分の深さを求める能力開発のバランスが大切です。

自分の能力を高めるには、新しい仕事、新しい仕事の進め方、新しい課題などにチャレンジすることが重要です。いままでの仕事でも、新しい方法でアプローチしてみると意外な自分のポテンシャルが見つかるかもしれません

新しい課題にチャレンジすれば、新しいスキルが発掘される可能性もあります。



おすすめの本 → 金井壽宏さんの本一覧

金井 壽宏¥ 819
Amazonで詳細を見る by AmaGrea


このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

« あなたのキャリア・アンカーは? | ホーム | 仕事内容の棚卸し »

ライフプランTips

キャリアプランニングTips

コーチングTips

傾聴Tips

このページの先頭へ