才能を伸ばすには

ドイツの学者オストラルトは、偉人や成功者を研究する中で、二つの共通項を発見したそうです。その一つ目は、熱心な読書家であること、二つ目は暗示ということでした。

読書家という答えはよく分かりますが、暗示というのはどういうことかというと「プラス思考」ということです。

「自分は大丈夫」「自分ならできる」「自分は天才だ」このような暗示が掛かっていれば、何事にも積極的にチャレンジして、たとえ失敗しても乗り越えることができます。

逆に、「大丈夫だろうか?」「駄目なのではないか?」「できないかもしれない」という暗示は、事実その通りになってしまうことが多々あります。自分でそのような結果を導いてしまっているのです。

このことは、子供の教育にもいえることだそうです。
夢や志を持つ子を育てるためには、本を読んで聞かせ、「あなたなら大丈夫」と子供にいい暗示を与える続けることが大切になります。

おすすめの本 → 藤尾秀昭さんの本一覧

藤尾 秀昭¥ 700
Amazonで詳細を見る by AmaGrea


このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

« ナレッジワーカーになりましょう | ホーム | 話をする人 »

ライフプランTips

キャリアプランニングTips

コーチングTips

傾聴Tips

このページの先頭へ