あなたのキャリア・アンカーは?

今回は、キャリア・アンカーについて。

キャリア・アンカーとは、仕事人生を続けていく上で、その人の根底となっている価値観、つまり、その人が拠りどころとしているものです。

エドガー・シャインは、長期的な職業生活において「その人の拠りどころとなるもの」が大切だとし、船の「錨」に例えて、これを”キャリア・アンカー”という概念にまとめました。

キャリア・アンカーの定義は、「あなたがどうしても犠牲にしたくない、またあなたのほんとうの自己を象徴する、コンピタンス(訳注:有能さや成果を生み出す能力)や動機、価値観について、自分が認識していることが複合的に組み合わさったもの」とされています。

この自分のアンカーを知っておかなければ、報酬や肩書きなどの誘惑によって、自分らしくない就職や転職をしてしまい、ひいてはそれがキャリアに対する不満につながることもあるされています。

シャインは、キャリア・アンカーを8種類に分類してます。自分のキャリア・アンカーについて考えて見ましょう。


専門コンピタンス
企画、販売、人事、エンジニアリングなど特定の分野で能力を発揮することに幸せを感じる

経営コンピタンス
組織内の機能を相互に結びつけ、対人関係を処理し、集団を統率する能力や権限を行使する能力を発揮し、組織の期待に答えることに幸せを感じる

安定
仕事の満足感、雇用保障、年金、退職手当など経済的安定を得ること。ひとつの組織に勤務し、組織への忠誠や献身などがみられる

起業家的創造性
新しいものを作り出すこと、障害を乗り越える能力と意気込み、リスクをおそれずに何かを達成すること、達成したものが自分の努力によるものだという欲求が原動力

自律(自立)
組織のルールや規制に縛られず、自分のやり方で仕事を進めていく。組織に属している場合、仕事のペースを自分の裁量で自由に決めることを望む

社会への貢献
暮らしやすい社会の実現、他社の救済、教育など価値あることを成し遂げること。転職してでも自分の関心のある分野で仕事をする機会を求める

全体性と調和
個人的な欲求、家族の願望、自分の仕事のバランスや調整に力をいれる。自分のライフワークをまとめたいと考えている。それができるような仕事を考える。

チャレンジ
解決困難に見える問題や解決の手ごわい相手に打ち勝とうとする。知力、人との競争にやりがいを感じる。目新しさ、変化、難しさが目的になる。


ちなみに、私のキャリア・アンカーは”自律”。「独立志向タイプ」でした。
さて、あなたのキャリア・アンカーは?



おすすめの本 → 金井壽宏さんの本一覧

金井 壽宏¥ 819
Amazonで詳細を見る by AmaGrea


このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

« 自分についていったい何をしっているか | ホーム | スキルの棚卸し »

ライフプランTips

キャリアプランニングTips

コーチングTips

傾聴Tips

このページの先頭へ