パレートの法則(80対20の法則)

パレートの法則、別名、80対20の法則をご存知ですか?

会社で扱っている20%の商品が80%の売り上げを占めている。
世の中の80%の資産を、20%のお金持ちが保有している。
よく使う家電製品の20%が、家電全体の利用時間の80%ある。
優秀な社員の20%が、80%の利益をもたらしている。
etc...

といった具合に、2割の原因が8割の結果をもたらすのだそうです。

株式市場でも、
優秀な株式の20%が、市場の値上がりの80%を叩き出す。
値上がりした20日間の値上がり率が、値上がり率の80%を占める。
ということがいえてしまうのでしょうか??

定かではありませんが、
実際に、米国の株式インデックス(S&P)のリターンで
1990年〜2000年までの10年間を見てみると、

1)10年間のリターン:299.82%

なのですが、この10年間のうちの値上がりした日の
上位10日間に投資していなかった場合のリターンは、

2)上位10日間に投資していなかった場合のリターン:167.12%

なのだそうです!

10年間のうちのたった10日を外してしまうことが、こんなに大きな影響を与えるのですね。


パレートの法則に話を戻って、
ここから学ぶべきことはなんでしょうか?
20%の優秀な株式を買うことでしょうか?
それとも値上がりする20日に買い注文を入れることでしょうか?

でもこれは、非常に難しいことです。

でもここで、考え方を逆にしてみると・・・
20%の株式を外さないように、多くの銘柄に分散投資する。
20%の値上がり日を外さないように、市場に参加し続ける長期投資をする。

こちらのほうが、簡単そうですね。


ライフプランの本一覧

生命保険文化センター¥ 200
Amazonで詳細を見る by AmaGrea


ロバート キヨサキ¥ 1,680
Amazonで詳細を見る by AmaGrea


このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

« ポートフォリオ | ホーム | お子様の教育費 »

ライフプランTips

キャリアプランニングTips

コーチングTips

傾聴Tips

このページの先頭へ