お金の三つの役割

そもそも、お金は何のためにあるのでしょうか?
お金の三つの役割について、もういちど再確認してみましょう。

1)価値を測るための尺度
リンゴの値段。学校の授業料。電車賃、などなど。モノやサービスには値段がついています。この、”いくら”という基準は、お金で換算されます。お金が尺度として使われているのです。

2)何かと交換する手段
モノやサービスを買うときにお金を払う事で手に入れることができますね。お金が、モノやサービスの対価として交換されるのです。

3)価値を貯蓄する手段
労働で得た収入をその場ですぐに消費しなければならないといたら、計画的な生活はできません。まさに「その日暮らし」の生活になってしまいます。

お金という概念ができたことによって、”すぐに消費しなくてもよい”という自由を手に入れたのは、大きな意義があります。

ライフプランの本一覧

生命保険文化センター¥ 200
Amazonで詳細を見る by AmaGrea


ロバート キヨサキ¥ 1,680
Amazonで詳細を見る by AmaGrea


このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

« ファイナンシャル教育 | ホーム | 一定ではない金の価値 »

ライフプランTips

キャリアプランニングTips

コーチングTips

傾聴Tips

このページの先頭へ